ホーム > ふれあい > トピックス

女性農業者が農業の魅力を講演 新規就農講演会

[2017.03.21]

農業の魅力を語る清水さん㊧と堤さん

組合長のあいさつ

講演後の質疑応答

 当JAと小牧市は本店で21日、高齢化や後継者不足対策として新規就農講演会を開きました。認定農業者や農業委員、一般の方など30人以上が参加し、約90分の講演に聞き入りました。

 講演を行ったのは、三重県の「かぶせ茶」を守る女性農業者の清水加奈さんと堤智春さんです。「三重のかぶせ茶が私たちの一生の仕事」と題して農業の魅力を熱く語りました。

 お菓子工房を立ち上げた堤さんは「農業は、農繁期になると家族総出で仕事をしなければいけないので、子どもにとっては厳しいかもしれないが、仕事をしている姿を子どもに見せることができるのが農業の魅力。茶農家でしか出来ないお菓子作りを貫いているので、話題性もあり、1年目から評判は上々だった。農家は良くも悪くも自分次第」と農業の厳しさと魅力を説明しました。

 講演では、かぶせ茶の試飲とお菓子工房「万次郎」の洋菓子の試食が配られました。

 講演前には、東海農政局の伊藤誉維課長補佐が「農業にチャレンジしませんか?」と題して新規就農の現状と課題、国の支援策について説明しました。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る