ホーム > ふれあい > トピックス

小牧パンサーズが優勝に輝く 学童軟式野球大会

[2016.07.31]

優勝した小牧パンサーズ

気温も子どもたちも〝アツい〟試合でした

穂積英一大会会長のあいさつ

振る舞われたオニギリを味わう優勝チーム

 第12回JA尾張中央旗争奪学童軟式野球大会決勝戦が31日、小牧市郷中の小牧南スポーツセンターであり、小牧パンサーズが小牧JBCを13対0で破り優勝に輝きました。

強い日差しの照りつける厳しい暑さの中、両チームとも一心に試合に取り組み、随所にファインプレーが飛び出す熱闘を繰り広げました。観客席からも「お前ならできる!結果は考えず攻めろ!」など熱い声援が飛び交いました。

 同大会は、JAの食農教育活動の一環として地域の子ども達がスポーツを通じて交流を深めることを目的として、開会式が行われた7月3日から21チームがトーナメントで試合を続け、勝ち上った4チームがこの日に準決勝と決勝戦を行いました。

 安藤茂市組合長は「好天に恵まれ試合も順調に進みどれも見る人に感動を与える試合でした。今まで試合に向けて練習に励んできたように、今後も何事に対しても前向きに取り組み努力を続けていきましょう」とあいさつ。

 穂積英一大会会長は「間もなく始まるリオデジャネイロオリンピックや今日の試合など、まさにスポーツの夏です。皆さんは試合に向け一生懸命頑張ってきたと思いますが、この結果が練習の成果です。真摯に受け止め次回に繋げていきましょう」と両チームの健闘をたたえました。

 優勝チームには優勝旗、表彰状の他に地元産のブドウが贈呈されました。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る