ホーム > ふれあい > トピックス

広報誌に自然薯予約申込書 注文殺到 自然薯部会

[2020.10.21]

▲自然薯の予約注文をPRする職員

 じねんじょ部会は、広報誌「ふれあい」(毎月1日発行)に自然薯の予約申込書を折り込み、注文販売を始めました。コロナ禍の影響で例年この時期に行っている農業祭が中止が決定されたため、同祭で販売を予定していた自然薯約100kg分の販売先を確保することが目的です。同部会は、小牧地区・高蔵寺地区に分かれており、両地区とも限定20kgで販売します。小牧地区は10月号に折り込んだところ、10月初週には予定数に達しました。
 同部会が栽培する品種は「夢とろろ」。愛知県で育成された品種で、強い粘りと香り高い味わいが特徴です。パイプやトタンを利用して栽培するため、真っすぐで太い高品質な自然薯が収穫できます。2地区合わせて約25aのほ場で栽培しており、今年は約200kg(小牧150kg /高蔵寺50kg)の収量を見込んでいます(300円/100g)。
 11月中旬から収穫最盛期を迎え、予約販売の他に、産直施設ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばでの対面販売や、グリーンセンター桃花台店の周年セールで販売する予定です。

予約販売価格
 予約販売:500g 1セット 1,300円   1kg  1セット 2,500円
※小牧地区の予約販売は完売致しました。高蔵寺地区の予約申込書は、広報誌「ふれあい」11月号に折り込みます。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る