ホーム > ふれあい > トピックス

暖冬で花桃開花・野菜生育、早まる

[2020.03.23]

暖冬により開花が早まった裏庭の花桃と畑のナバナ(冬華)

 

 当JA豊場支店管内の組合員・岡島良次(りょうじ)さんの自宅裏庭に植えている赤・白・ピンクの花が交じる源平咲きの花桃が23日、満開を迎えました。

高さ約6㍍ある花桃の木は22年前、花桃で有名な長野県阿智村の住人から苗を分けてもらい、育ててきたものです。

 今年は暖冬の影響で開花が例年よりも約2週間早いのですが、花付きは劣っているそうです。その原因は開花が早まった分、受粉率が下がったことが考えられます。

 岡島さんは「暖冬の影響もあるが、22年前から育てている老木なので肥料も多めに与えていれば、花の付き具合も違っていたのかもしれない。来年こそはたくさんの花を咲かせたい」と話しました。

 暖冬は野菜の生育にも影響を及ぼしています。裏庭すぐ隣りの約5㌃の畑で6種類の野菜を栽培している産直出荷会員で良次さんの兄・敬司(けいじ)さんは「ダイコン、ニンジン、里芋の種芋の収穫時期や、ナバナ(冬華)、春菊の花芽の付きが例年よりも約2週間早まっている。いつもなら3月いっぱいかけていた春菊の出荷もそろそろ終わる」と現状を話しました。

満開を迎えた花桃の木
白色の花桃
裏庭すぐ隣りの畑のナバナ(冬華)
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る