ホーム > ふれあい > トピックス

最終講座が終了 「アグリ講座IN春日井」閉講式

[2017.02.23]

柑橘類の剪定を説明する杉山営農指導員

最終講義を真剣に聞き入る受講生ら

 本店で23日、平成28年度「アグリ講座in春日井」の閉講式を開きました。同講座は「農業を通じて、健康管理と生きがいづくり」をテーマに開いている通年講座で、今年度は24人が学びました。

 受講生は昨年の4月から水稲2講、野菜6講、果樹6講、花卉2講の全16講座を受け、農業技術の基礎に関わる様々な講義を受講しました。

 この日は雨天のため、座学のみとなりました。最終講義は、杉山文一営農指導員が「常緑果樹の整枝剪定」について講義を行い「日当たりや風通しを考えた、先端を頂点とする均衡のとれた二等辺三角形をイメージして仕立てていくようにすると良い」と説明しました。

 続いて、小嶋富士雄営農指導員が、春じゃがいもやとうもろこし、春まきだいこんなどの春野菜の栽培方法について説明しました。

 閉講式では、農業振興部の山田義昌部長が「1年間学んできたことを活かして、野菜の自給率を上げてほしい。土と関わる喜びや農産物を作る喜びを感じて、末永く農業と関わってほしい」と激励しました。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る