ホーム > ふれあい > トピックス

栽培技術向上・安定供給、産地で学ぶ  高蔵寺ハウス部会

[2019.06.26]

視察先でトマトの肥培管理や仕立て法、新品種などを学ぶ部会員の皆さん

 

 当JAの県内最大級の直売所・ファーマーズマーケット(以下FM)ぐぅぴぃひろばの一番の人気商品である、春夏トマト生産を担っているのが、高蔵寺ハウス部会です。

 同部会(会長:梶田博子)は26日、岐阜県の「JAめぐみの」大和管内の雨除けトマト栽培産地へ視察研修に伺い、トマト産地の先進栽培技術などを勉強し、今後の高品質トマト作りや多収栽培(増収)に役立てる目的で会員7名が参加しました。

 視察先のJAめぐみの大和トマト生産部会のハウス2軒を見学し、指導員や生産農家からトマトの肥培管理や仕立て法、新品種など説明があり、部会員からは防除法や新技術など積極的な質問が多数出て、見学予定時間を大幅に超過するぐらい熱心な勉強会となりました。また、帰途には同JAのFMとれったひろば可児店に伺い、副店長から各種イベントなどの開催や季節野菜に力を入れたり、年間数回の栽培講習会の徹底などで品質向上や多収を図り、年間8億以上の売り上げを確保しているとの説明がありました。

 今年度、高蔵寺ハウス部会のトマト生産は昨年に続き大変好調で、毎日FMぐぅぴぃひろばへ出荷しており、人気目玉商品として消費者から注目を浴びています。また、昨年から施肥設計や防除暦等を整備し部会員へ配付徹底したことで、品質の揃ったトマトが出荷できていることも要因の一つです。

 同部会は「今後も部会員全員が一丸となり、地元消費者に新鮮で美味しい甘いトマトを提供していきたい」と生産・出荷に励んでいます。

▲「JAめぐみの」大和トマト生産部会のハウス
ハウスの中を興味津々に眺める高蔵寺ハウス部会の皆さん
ハウスの中の様子
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る