ホーム > ふれあい > トピックス

皆の参加・協力で大会も35回目迎え 年金友の会小牧地区GG大会

[2019.10.11]

練習の成果を発揮したプレーで熱戦を繰り広げる参加者

 

 当JAの年金友の会小牧地区は10日、小牧市上末の陶運動場で第35回グラウンドゴルフ大会を開き、小牧地区10支店から36チーム216人が参加し、熱戦を繰り広げました。

 同大会は、年金友の会の会員相互の親睦を図ることを目的に開かれています。

 冒頭で玉置晋(たまおき しん)会長が「このグラウンドゴルフ大会も35回目を迎え、皆さんの毎年のご参加・ご協力、大変感謝しております。日頃の練習の成果を存分に発揮してください」、同JAの赤谷雅久常務は「年金友の会は小牧、春日井、高蔵寺、豊場と4地区で活動が行われ、小牧地区の会員は6500名を超え、私たちJAも嬉しく思います。今日は暑くも寒くもなく心地良い天気ですが、水分補給は忘れず体調には気をつけ、プレーに取り組んでください」とそれぞれあいさつしました。

 1チーム6人で戦い、交流を深めながらプレーを楽しみました。

 競技の結果、ホールインワンが35人で、優勝は「岩崎原Aチーム」、2位は「市之久田百寿会チーム」、3位は「懐グラウンドゴルフ部」が入賞しました。

 上位17チームは、11月7日(木)に行われる本部大会に出場する予定です。

当JAの赤谷雅久常務(左)と玉置晋会長(右)による始球式
ホールインを狙い、慎重に球を打つ参加者
優勝した岩崎原Aチーム

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る