ホーム > ふれあい > トピックス

秋の旬をたっぷりとようかんに 女性部料理教室

[2016.11.21]

細かく切った柿をミキサーにかける参加者ら

次々と柿をミキサーにかけていきます

煮溶かした寒天の鍋に砕いた柿を入れます

かき混ぜている間に部長らが柿プリン作り

 高蔵寺地区女性部は21日、春日井市高蔵寺町の高蔵寺支店で女性部料理教室を開きました。松本あつ子部長の指導のもと、参加した24人の女性部員が小牧市篠岡産の柿を使用して「柿ようかん作り」を楽しみました。

 松本部長は「柿ようかん作りは、焦らず根気よく調理をすること。柿を手っ取り早く強火でかき混ぜて煮詰めようとしては美味しい柿ようかんはできない」とおいしく作れる秘訣を伝授しました。

 皮を剥いて種を取った柿を細かく切りミキサーにかけ砕いて、水に浸して火で煮溶かした寒天の入った鍋に入れ、焦げないように3時間かき混ぜ続け煮詰め、参加者がそれぞれ持参したタッパに入れて冷ますところまで行いました。

 かき混ぜている間の時間を利用して、同部長らが余った固めの柿をようかん同様ミキサーにかけ砕き牛乳を混ぜ、カップに分け冷蔵庫で冷やし「柿プリン」を作り参加者に振る舞いました。

 参加者は「柿ようかんは作るのに時間と手間がかかるので、家でひとりでやるのはなかなかできない。皆で協力し合うから笑いながら楽しく作れストレス解消やボケ防止にもなり、いつの間にか出来上がっている」「初めての参加で段取りやコツをつかむのに時間がかかったがそれでも柿ようかん作りを楽しめた」と笑顔で話しました。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る