ホーム > ふれあい > トピックス

簡単・長持ちのお菓子作り    女性部味岡支部

[2018.06.19]

▲お喋りしながらお菓子作りを楽しむ女性部員ら

 小牧地区女性部味岡支部18人は19日、味岡支店でお菓子作りをしました。

 冒頭、山本さわ子支部長は「最近は蒸し暑くなってきたので食品の扱いには十分注意が必要になってきます。食中毒に気を付けて美味しいお菓子を作りましょう」とあいさつしました。

 今回は山本支部長の指導のもと、“簡単に作れて長持ちする”をテーマに「かるかん」や「パセリのグリッシーニ」、「もちもち豆腐きな粉もち」の3品を作りました。「かるかん」は、鹿児島をはじめとする九州特産の蒸し菓子で、すりおろした長芋を使います。「グリッシーニ」は、クラッカーのような食感のスティック状の細長いイタリアのパンです。

 部員たちはハンドミキサーの使い方に戸惑いながらも、お喋りを楽しみながら笑顔でお菓子作りに取り組みました。

▲作り方を説明する山本さわ子支部長

▲ハンドミキサーの使い方に戸惑いながらも協力して作業を進める女性部員ら

▲レシピをもとに協力して作業を進める女性部員

 

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る