ホーム > ふれあい > トピックス

自宅でできるトルコキキョウ栽培 花き講座<特別編>

[2020.07.01]

▲トルコキキョウの生育状況を説明する大澤営農指導員

 営農指導課は1日、花き栽培に興味のある組合員・JA利用者向けに「セルトレー定植によるトルコキキョウの栽培」と題した、青空花き講座を開きました。種播・施肥・防寒対策・追肥などの一連の流れ、管理のコツなどの説明をしました。
 トルコキキョウの露地栽培は一般的に難しいとされているため、ガーデニング初心者やハウスを持たない人からは栽培が懸念されています。一方で、品種改良が進み大輪で鮮やかな花を咲かせる人気品種であることから、JAの大澤梅雄営農技術指導員が土づくりから開花までを約1年かけて、今回の栽培方法を実証しました。
 今回の栽培方法は、播種から開花までの工程すべてでセルトレーを使用します。セルトレーを移動することで机上での作業が可能なことから、播種・移植・定植等の作業に安易かつ効率的に取り組むことができます。花壇等で行う手入れと異なり、膝や腰に負担がかかりにくいため、老若男女すべての人に花き栽培を楽しんでいただけます。
 大澤営農指導員は「切り花にする際は、ある程度茎に長さが必要になる。植物は、昼夜の温度差が大きいとよく成長するため、栽培の途中で工夫が必要」と話しました。また、「中心の茎から出る花は、ほかの花よりも先に咲いて大輪になる分、多くの養分を消費する。早めに摘蕾し、後に咲く花へ養分を残すことが望ましい」とアドバイスしました。
 参加者からは「以前トルコキキョウを栽培した際は、なかなか上手く育たず苦戦した。今回学んだ生育途中の管理を実践し、今度はきれいな花を咲かせたい」と話し、積極的に栽培に関する質問をしました。
 大澤営農指導員は、曜日毎に各グリーンセンターへ駐在しています。ご質問がある際は、お気軽にお尋ねください。

▲今回の栽培ポイントのセルトレー

▲大きく咲いた一番花

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る