ホーム > ふれあい > トピックス

親子で収穫体験、人気上昇中 親子農業体験ツアー

[2019.07.06]

▲親子で協力してトウモロコシを収穫した親子

 管内農家をバスで訪れる「親子農業体験ツアー」を6日、親子15組35人の参加により開催しました。同ツアーは「産直施設ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばの認知度を高め、地域農業の応援団を増やしたい」と農業振興部営農企画課が企画し、今年で3年目を迎えます。

 ツアーは、一組2,000円で小学生を中心に募集しました。産直施設からバスで春日井市神屋町にある地元農家 落合都雄(おちあいくにお)さんの畑に向かい、旬のトウモロコシ「おおもの」を収穫しました。

 収穫前に落合さんは「トウモロコシは、先端が太くしっかりしているものが収穫のサイン。自分でさわって確かめながら、美味しいトウモロコシを収穫してください」と話しました。収穫し終えた参加者は、より美味しく食べる調理法などを聞きながら、朝採りのトウモロコシを試食しました。

 続いて、小牧市高根にある試験ほ場に移動して、桃「白鳳」を収穫しました。高い位置にある桃を脚立に乗ったりし、親子で協力しながら収穫しました。

 参加した家族は「子どもに収穫する大変さと同時に、収穫の喜びを知ってもらえる良い機会。この経験から食べ物のありがたみを感じ、好き嫌いが減るとうれしい」と笑顔で話しました。

 8月には、昨年大好評だったブドウ収穫体験を企画しています。

 本取組みは、JA共済の助成金を活用し実施しています。

▲一生懸命高いところにある桃を収穫する参加者

▲トウモロコシの試食をする参加者

▲トウモロコシの美味しい食べ方の実演をする職員

▲トウモロコシ収穫体験にご協力いただいた落合さんとツァー参加の子どもたち

▲雨も降らず、楽しい農業体験ツアーになりました!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る