ホーム > ふれあい > トピックス

豚汁振る舞いで日頃の感謝を 高蔵寺産直部会

[2019.12.22]

▲大きな鍋に用意された豚汁

 ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばの核となる高蔵寺産直部会は16日、「消費者フェア」を同店で開き、来場者に豚汁を振る舞いました。消費者フェアは平成27年のオープンから続いています。地元農産物を購入する利用者に対して、産直部会から1年間の感謝の思いを込めて、4月にはぜんざい、12月には豚汁を振る舞っています。

 豚汁の具材は、部会員の栽培した野菜を使用しています。振る舞い開始の9時30分前から来場者が次々と並び始め、用意した約600食分の豚汁は1時間ほどで完食となりました。

 来場者は「いつも買っている野菜の生産者の顔を見ることができると、食材への安心感が増すので、今後も継続して欲しい」と話しました。

 小林隆久(たかひさ)部会長は「今回は消費者の方に日頃の感謝を伝えるイベントですが、目の前で作った野菜を美味しく食べてもらえると、生産側のやる気へと繋がります。あっという間の完食は、ぐぅぴぃひろばファンの多さの象徴です」と笑顔で話しました。

▲列を作る来店客

▲豚汁の匂いにつられて大賑わい

▲美味しい豚汁に大満足な家族

▲早朝からの準備お疲れ様でした!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る