ホーム > ふれあい > トピックス

農産物520点が出来ばえ競う 高蔵寺地区農業祭

[2016.12.10]

慎重に農産物を選考する審査員

1時間で完売した即売会

優秀賞に輝く受賞者

じねんじょの試食には長蛇の列

 高蔵寺地区農業祭実行委員会は9日、10日の2日間、第66回高蔵寺地区農業祭と農産物品評会を春日井市高蔵寺町の高蔵寺支店で開きました。

 同委員会はJAと各部会、尾張農林水産事務所、春日井市で構成され、品評会は生産技術の向上と地元の農産品のPRのために毎年行われています。

 この品評会を目指し、丹精込めて作られた農産物520点(根菜類101点、豆類19点、葉菜類106点、果実類179点、芋類73点、農産加工42点)が出品されました。

 10日の表彰式で、尾張農林水産事務所農業改良普及課主幹の岩田隆さんは「9月から10月の長雨と日照不足により、農作物の栽培には苦労されたことと思う。しかし、大根やカブは肌がきれいなものが多く、特に自然薯は形の良い立派なものが出品された。出品物はいずれも素晴らしいものが多く審査には苦労したが、技術力の高さがうかがわれた」と講評しました。

 同農業祭は、当地区の年末の恒例行事となっており、女性部やじねんじょ部会の協力を得て豚汁・おでんの無料サービスや、じねんじょの試食販売などの催しもあり、品評会場は出品者や大勢の消費者でにぎわいました。

 出品物即売にはファンも多く、朝から並び始めた来場者は、午後1時30分からの販売を待ち、始まると約1時間で完売するほどの盛況でした。

 審査結果は次の通り。(敬称略)
◇優秀賞▽愛知県知事賞=稲垣昌克(大根)▽春日井市長賞=梶田博子(ブロッコリー)▽春日井市議会議長賞=稲垣春夫(みかん)▽春日井市農業委員会会長賞=小林隆久(ばれいしょ)▽愛知県農業共済組合組合長賞=加藤武雄(キウイフルーツ)▽愛知県農業協同組合中央会会長賞=原科美津子(ゆず)▽愛知県信用農業協同組合連合会経営管理委員会会長賞=梶田博子(かぶ)▽愛知県経済農業協同組合連合会経営管理委員会会長賞=稲垣栄一(はくさい)▽愛知県厚生農業協同組合連合会経営管理委員会会長賞=谷久子(梅干)▽全国共済連愛知県本部運営委員会会長賞=大矢昭夫(さといも)▽尾張中央農業協同組合組合長賞=稲垣代二(人参)

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る