ホーム > ふれあい > トピックス

選び抜かれた桃が集結 春日井農業祭『桃コンクール』

[2021.07.12]

▲出品物の出来栄えについて確認しあう審査員

 JA尾張中央と春日井市で構成する春日井農業祭実行委員会は9日、春日井農業祭「桃コンクール」を春日井中央支店エントランスで行いました。市内の桃農家18戸が「白鳳」をはじめ「暁星」「夢しずく」「松森」など計27点を出品し、同市特産の桃の出来栄えを競いました。昨年度はコロナ禍により開催を見送っており、規模を縮小して2年ぶりの開催となります。

 桃の出来栄えについて、着色・熟度・玉揃い・病害虫の有無・傷・糖度などの項目を総合的に審査し、厳正なる審査の結果、優秀賞には髙見堂 晃義さんが選ばれその他6人の方が入賞しました。

 尾張農林水産事務所農業改良普及課の佐野達也主任は講評で「平年より21日早い梅雨入りと日照不足に加え、後半のまとまった雨により核割れや病気の発生など栽培に大変苦慮した年となりました。このような状況の中で、出品物の最高糖度が13.7度とまずまずの糖度となり、外観・着色・玉揃い等も良く高品質な桃が多く揃い、農家の方々の努力と技術の高さがうかがえました。」と話しました。

 午後からはファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば、グリーンセンター春日井中央店・味美店で即売会が開かれ、コンクールに出品された極上の桃を求めるお客さんで賑わいました。

 

コンクールの主な受賞者は次の通りです。(敬称略)

◎優秀賞△春日井市長賞=髙見堂晃義(桃山町)◎金賞△尾張中央農業協同組合組合長賞=長江千里(桃山町)△尾張果樹振興会会長賞=伊藤堅治(坂下町)△春日井市農業委員会会長賞=長谷川弘明(桃山町)△中日新聞社賞=後藤祐浩(桃山町)◎銀賞△鈴木郁郎(桃山町)◎銅賞△神谷敏久

▲優秀賞に選ばれた髙見堂さん(桃山町)の桃

▲出品物の値付けを行う営農生活課職員と作業を確認する稲垣武磨専務

▲コンクールに出品された桃を手に取る来店者(FMぐぅぴぃひろば)

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る