ホーム > ふれあい > トピックス

高品質な果実が揃った品評会 小牧市農業祭

[2021.08.23]

▲いちじくの玉揃いを確認する審査員たち

 当JAと小牧市で構成する小牧市農業祭実行委員会は23日、小牧市高根の本店で第37回小牧市農業祭農産物総合品評会「ぶどう・いちじく・梨の部」を開きました。今回は市内農家からぶどう7点、いちじく12点、梨12点が出品され、審査員が外観や糖度など慎重に審査を行いました。
 審査の結果、最優秀賞には横山哲司さんのぶどう、江口まさ子さんのいちじく、水野恵三さんの梨が選ばれ、合計11点が入賞しました。平均糖度はそれぞれ、ぶどう18.5度、いちじく13.4度、梨13.5度となり上々の出来栄えとなりました。
 尾張農林水産事務所農業改良普及課の佐野達也主任は「今年は暖かい春先から始まり、5月の長雨、8月の猛暑など栽培管理が非常に大変だった中、品質の良い果実が多く出品されており、出品者の高い栽培技術と努力が感じられた。これからも消費者ニーズを踏まえた美味しい果実を栽培していただき、さらなる『小牧の果実』のPRに尽力してもらいたい」と講評しました。
 出品された農産物は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため昨年に引き続き即売会を中止し、グリーンセンター桃花台店にて販売しました。

 入賞者は以下の通りです。(敬称略)
 ▽最優秀賞=横山哲司(ぶどう)、江口まさ子(いちじく)、水野恵三(梨) ▽優秀賞=鬼頭克彰(ぶどう)、小島やゑ子(いちじく)、沖野計治(梨) ▽優良賞=杉浦勉(ぶどう)、西尾昇(ぶどう)、丹羽釼蔵(いちじく)、小島秀五(梨)、水野治己(梨)

▲梨の外観を確認する審査員たち

▲試食をして食味を確認しながら審査する審査員たち

▲最優秀賞を受賞した水野さんの梨

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る