ホーム > ふれあい > トピックス

22人の新規採用職員が入組 令和3年度研修会開講式

[2021.03.24]

▲開講式後、役職員と集合写真

 本店で24日、「新規採用職員研修会開講式」を開き、22人の新規採用職員が出席しました。今年度は男性8人、女性14人が入組します。
 長谷川浩敏組合長は「社会人の第一歩としてあいさつは基本。研修会で社会人としての知識を学び、それぞれ配属先へ行った際にはしっかりとあいさつをして、気持ち良くスタートを切ってください」と激励しました。
 新規採用職員は一人ずつ自己紹介をし、「当たり前のことを当たり前にこなして毎日の業務に励みたい」「何か困ったことがあったとき、一番に相談してもらえるような職員になりたい」「組合員一人ひとりに寄り添い、信頼される職員を目指します」と社会人としての抱負を述べました。
 同研修会は31日までの6日間、JA職員としての基礎知識やビジネスマナーなどを学びます。最終日に辞令交付を受けたあと、各部署へ配属されます。

▲新規採用職員を激励する長谷川組合長

▲緊張した面持ちで自己紹介をする新規採用職員

▲社会人としての抱負を話す新規採用職員

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る