農と食

ホーム > 農と食 > こんにちは産直さん > 小牧市高根 伊藤さん

こんにちは産直さん


伊藤 真二(いとう しんじ)さん 小牧市高根

栽培面積
1.3a

農業は経験こそが最高の参考書

 両親と家業の「伊藤農園」を営み、3代目となる伊藤さん。1.3haの果樹畑で桃、柿、梨、柑橘を栽培し、自園の直売所(桃のみ)や当JA産直店を中心に販売しています。同農園は、各果物を長い期間味わってもらえるように、早生から晩生までのあらゆる品種を扱っており、可能な限り年間収穫に努めています。
 もともとIT関係の会社に勤め、農業未経験の伊藤さんは今年で就農5年目。現在では梨、柿、柑橘の収穫、選別、検品、包装、産直店での陳列・販売まで、一通りの作業を任せてもらえるまでになりました。
 10月から収穫を始めている柑橘は6品種あり、伊藤さんのお勧め品種は甘平(かんぺい)。普通のみかんと比べて大きく平たい見た目で、皮の中にははちきれんばかりの甘い果実がギッシリと詰まっています。外皮だけでなく内皮も薄くて食べやすく、おもしろい品種とのことです。また、「柑橘の品種による違いは、味や食感だけではありません。他の果物と比べて見た目も明らかに違うのです。そういった柑橘の楽しさも皆さんに伝えていきたい」と話されました。
 農業を続けて思うことを伺うと「自分がかつて携わっていたITの仕事は、間違いがあればコンピューターからエラーが出るのですぐにわかります。しかし、植物が相手の農業は樹の状態を1年~2年見なければ分からず、正解がありません。参考書にある事例通りの樹はほとんどなく、困った時は両親や知人の農家に相談します。彼らは培ってきた経験をもとに美味しい果物を作り続けており、経験こそが最高の参考書なのです。私も色々な経験を積み、桃も一通り任せてもらえるようになりたい」と意気込まれています。

 

(JA尾張中央 広報誌ふれあい2019年12月号「農の現場から」掲載)

ページTOPへ戻る