ホーム > ふれあい > トピックス

トピックス

[2018.06.14]
組合員や地域に必要とされるJAに  事前説明会

 12日と14日、20日に行う第16回通常総代会を前に、本店で事前説明会を開きました。  説明会は全22支店を近隣支店ごと4回に分けて行い、組合長・専務・常務・監事・非常勤理事・支店長と総代336人が出席しました。議案内続きを読む

[2018.06.12]
ひとつひとつ心を込めて袋掛け    一色小学校

 小牧市久保一色の一色小学校の梨園で12日、地元農家の小島秀五(ひでゆき)さん・昭子さん夫妻の指導を受け、5,6年生児童とPTAのボランテイアが協力してゴルフボール大に生長した梨の実に袋掛けをしました。  同校のある久保続きを読む

[2018.06.11]
特産物粗品で地元農業を応援 サマーキャンペーン

 当JAは、11日から始まるサマーキャンペーンで、地元特産のモモとブドウを粗品奨励にします。地元農産物を粗品奨励にして地域農業を応援し、JAらしさをアピールしようと金融共済推進課部推進課が企画し、今年で3年目です。  近続きを読む

[2018.06.10]
地域のつながり深める農業体験 入鹿子ども育成会

 小牧市入鹿出新田のサツマイモ畑と田んぼで10日、入鹿子ども育成会の小学生児童人がサツマイモ苗植え付け体験と田植えを行いました。児童らと保護者、地元農家、小牧支店ふれあい委員、JA職員約60人が農業体験を楽しみました。 続きを読む

[2018.06.09]
バケツいっぱいにジャガイモ収穫    豊場支店

 豊場支店ふれあい委員会は9日、管内の親子を対象にジャガイモの収穫体験会を地元農家で産直施設に出荷している柴田勝美さんの畑で開き、約66人が参加しました。  収穫体験は、地域住民に土と触れ合ってもらい、地元の畑で栽培され続きを読む

[2018.06.09]
中部大地域貢献活動にJA協力  子ども農業体験

   ▲大学近隣の水田で学生らと一緒に水稲苗の植え付けを楽しむ子どもら    春日井市松本町にある中部大学の教員を目指す現代教育学部現代教育学科・幼児教育学科の学生20人が9日、大学近隣の水田で子ども農業体験を続きを読む

[2018.06.09]
例年より1週間早く出荷スタート  しのおか共選

 しのおか共選桃出荷組合は9日、小牧市上末の小牧東部営農生活センター共選場で、桃の早生品種「はなよめ」「ちよひめ」の目ぞろえ会を開きました。生産者、JA担当者、市場関係者ら約50人が集まり、出荷基準について確認しました。続きを読む

[2018.06.09]
食育で地域との〝ふれあいの輪〟広げ 春日井支店

 ▲サツマイモの苗植えに取り掛かる親子    春日井支店ふれあい委員会11人と支店職員3人は9日、春日井市前並町の地元農家・長谷川守さんの圃場で春日井支店ふれあい委員会支店まつり「親子食育体験」を開き、管内の親続きを読む

[2018.06.08]
田植えで時の流れ、つながりを体感  牛山小学校

 ▲一列に並び田植えに取り組む児童ら    春日井市立牛山小学校の5年生約70人は8日、JA職員と地元農家の指導により近隣にある圃場で田植えの体験学習を行いました。食農教育の一環として数年前から続けられています続きを読む

[2018.06.08]
泥だらけになって学ぶお米の大切さ  柏原小学校

 春日井市立柏原小学校5年生132人が8日、総合学習の一環として田植えを行いました。  この日は体育館で、JAの江本勝義営農技術指導員から「皆さんの田植えをする田んぼの面積は412㎡です。去年はここで皆さんが1年で食べる続きを読む

[2018.06.07]
食と農の大切さを学ぶ共同作業    鷹来小学校

▲一斉に田植えに取り掛かる5年生児童    春日井市立鷹来小学校5年生50人は7日、JA職員と地元農家の指導による田植えの体験学習を行いました。昭和55年当時の田楽支店長が同小に働きかけて以来、30年以上続けら続きを読む

[2018.06.07]
42年続く伝統行事         三ツ渕小学校

 小牧市立三ツ渕小学校4年生から6年生が7日、学校東側の水田700平方㍍で、もち米「十五夜糯(じゅうごやもち)」の田植えを体験しました。昭和52年から42年間続く同校の伝統行事で、PTA、地元農家やJA職員などの協力を得続きを読む

[2018.06.06]
講談で大声出し笑いストレス発散    女性大学

▲講談師体験で 山本さわ子部長と一緒に講談席を聴かせる女流講談師・神田京子さん    小牧地区女性部は6日、小牧まなび創造館あさひホールで2018年度女性大学第2回の講座を行い、約240人の受講生が参加しました続きを読む

[2018.06.05]
秋の収穫を楽しみに栽培、観察  陶支店ふれあい委員会

▲ふれあい委員と一緒にサツマイモ苗の植え付けをする児童     小牧市立陶小学校の2年生57人が、サツマイモ苗植えを5日に行いました。JAの陶支店ふれあい委員会が、休耕地を借り受けて準備した「ふれあい体験農園」続きを読む

[2018.06.05]
生長の様子を定期的に観察      北里小学校

 ▲約30㌢まで生長したエビ芋をスケッチする児童ら  小牧市立北里小学校3年生約80人が5日、同市下小針のエビ芋研究会試験圃場でエビ芋観察を行いました。地元の特産物を知り、農家の仕事を学習する総合的な学習の授業の一環です続きを読む

[2018.06.05]
米作りを肌で感じ楽しく学ぶ     西尾小学校

 春日井市立西尾小学校5年生と6年生20人は5日、総合学習の一環として春日井市西尾町の地元農家・鵜飼昌仁さんの水田で田植え体験をしました。  鵜飼さんから苗の植え方の説明を受けた後、昔ながらの手植えに挑戦し、米作りの苦労続きを読む

旧トピックス一覧
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る